祝!株価が20年10ヶ月ぶりの高値!

コラム
Spread the love
スポンサードリンク

朗報です!11日の東京株式市場で、日経平均株価が20年10ヶ月ぶりの高値!20881円を記録しました!実に平成8年12月以来である。

これは喜ぶべきことなんですが、選挙で自民党に勝たせなたくない人たちはこぞって「一部の人たちだけが儲けている!」「一般庶民には恩恵がない!」とか騒ぎ出すんだけど、民主党政権の時は8000円台だったからね。どれだけ国民が不安だったか!覚えていますか?

 

それで仮に株価が下がったら「そら見ろ!下がった!」とか言うんだもんなあ・・・。見事ですね!このダブルスタンダード。保守派もこのくらい図々しくなってもいいかな?と思う時がありますよ。

スポンサードリンク

 

確かに一部の人が儲けるし、一般庶民にはその恩恵は伝わりにくい。でもそれで僕は良いと思う。なぜなら、一般庶民に恩恵を与える。それって公明党がやった商品券ですか?それとも特別減税ですか?

 

これこそ一時的なもので無駄でしょう。確実に潤ったのはパチンコ屋ですね。ただ、たしかに我々に恩恵は伝わりにくいかもしれませんが、ジワジワと来ています。

 

例えば大卒の就職率は民主党政権の2011年。91%でしたが、今年2017は97,6%です。これは1997年の調査開始以来、最高値で確実に良くなっていると言えるでしょう。

 

これでもまだ、違う!というリベラル派の方は感情論やあら捜しではなく是非その根拠を聞かせていただきたい。こういった実績もあるため当然ですが、今若い層では自民党支持が上がっているようです。

 

とくに民主党政権時に就職難と株下落で、痛い目を見た若い層はよく覚えてます。震災の時の対応も見ています。そして批判だけして、選挙に受かりたいがために一時的に自分たちの主張(安保反対、改憲反対)を変えて希望の党へいく、旧民主党議員たち。若者たちはちゃんと見てますからね!

 

 

スポンサードリンク スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました