え?希望の党も方向転換?

希望の党
Spread the love
スポンサードリンク

いったい何を信じたらいいんだろう?もう、いい加減にしてほしい。25日に開いた両院議員懇談会で安保法について、希望の党の樽床代表代行は「民進党の考えと変わらない」と述べた。

 

 

ん?選挙前とは言ってる事が180度違うぞ。この調子では憲法改正は反対!外国人参政権は大賛成!などと、また逆の事言い出すんじゃないか?いや、おおいにありうる。

 

おかしなこと言ってるのは、このブログでも紹介した柚木道義議員や、小沢純也議員などの一部の反逆者だけかと思っていたら、党自体がおかしなことになっているようだ。

 

党の方針と違う事や、小池代表を批判するような事を選挙中に言っていても何のお咎めも無いのは党としては明らかにおかしい。さらにここのところ、この二人意外にも小池代表にも批判の声が多くなってきているし、これは民進党に乗っ取られたのかな?

スポンサードリンク

 

うーん、そしてこれはあまり考えたくない最悪のパターンなんだけど。小池百合子代表が「やはり都政に専念したいと思いますので・・・」と代表を逃げ出し、党としてさらに機能しなくなった希望の党は立憲民主党と組んで、じゃなく吸収されて一大リベラル勢力になるかもしれない事。

 

もはや希望の党は、絶望の党を通り越して、気泡の党となり泡と消えてしまうのか?今後の動きを注目していこう。我ながらうまいこと言うな(笑)

 

もともと希望の党で選挙を戦った、元民進党の亡霊たちは「立憲民主党」が出来るなら、そっちから出たかったよー!という議員がほとんどだろうから、それを望んでいる声は党内でも多いだろう。

 

本当、パヨクが泣いて喜びそうな展開になりそうだが、これってちょっと前の自民党と民主党の見せかけ2大政党状態に戻るだけではないだろうか?これっていったい何だ?

 

そして希望の党は、あなたたちに期待して、あの台風の中貴重な一票を投じに行った国民の気持ちを考えているのだろうか?いや考えてないだろう。なぜなら日本のリベラル派の基本スタンスは、なぜか反日だからだ!哀しい現実ね。

スポンサードリンク スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました