なぜ在日スターが多いのか?

未分類
Spread the love
スポンサードリンク

芸能界にもスポーツ界にも、はたまた政界にも、在日韓国人が多いのはもはや周知の事実で、なんか悔しい負けた!と感じてる日本人も多いんじゃないと思う。僕もそのひとりでした。ではなぜ在日にはスターが多いのか?

 

 

色んなサイトでこの人は在日!ってのが広まってるので、興味ある人は是非調べてみてもらいたい。びっくりするかもしれないが・・・。

 

ここでは大幅な紹介は避けて、一例をあげるとしよう。

 

スポーツ界で有名どころと言えば、大山倍達、松井章圭、力道山、前田日明、長州力、秋山成勲など、格闘技系ばかりだが、筆者は極真空手出身なので、知った時はちょっと驚いた!

 

芸能界で有名どころと言えば、和田アキ子、岩城滉一、松田優作、矢沢永吉、布袋寅泰など、こちらも趣味で抜粋させていただきました(とくに矢沢と布袋)!

 

ではなぜこれほど在日スターが多いのか?日本人は劣っているのか?と考えた時期もありましたが、決してそうではないようです。

 

単純な話。人ってのは自分にはもってない物に憧れます。恋愛なんかもそうですよね。なかなかNO!と言えない。自分の意見を隠して恥ずかしがる。そんな性質のある日本人に、朝鮮系の、なんというか一言で言うとイケイケな性質はカッコよく映ったのかもしれません。

スポンサードリンク

 

また。僕が思うに、これは大きな理由かと思うんですが、戦後GHQによって腑抜けにされ、日本人は過去の歴史で悪い事をしたと教えられて徹底的に、自分の国や自分に対しての劣等感を植え込まれてきました。

 

だから、何となく自信がない日本人に対して韓国人は子供のころから

 

「ウリナラ(我が国)は5000年間一度も何処の国にも支配されたことのない誇り高い民族である!」

 

「ウリナラは世界でも珍しい、独特な文化を保有する誇り高き、単一民族である!」

 

「ウリナラが成し遂げた経済成長は世界的に見ても、他に見る事のない奇跡である!」

 

 

と、教えられてきた。「あ!そう。」と真実の歴史を知れば言いたくなるような教えだけどここが大事!こんな事を子どもの頃にインストールされれば、オトナになってもそれは大きな自信になるんじゃないだろうか?

 

その自信が裏付けになり、スポーツでも芸能でも人より抜きんでるのは容易に想像できる。それに加えて、日本人にはないズバッと意見を言えるところ。それが在日スターを産んだ背景なんじゃないかと筆者は考えている。

 

日本人も今からでも遅くない!嘘なんかつかなくていいから、自国の本当の歴史、差別主義、白人至上主義に立ち向かった先祖たちの話を聞かせて行こうじゃないか!

 

何てことを、ピースボートの船上で言ったら怒られそうだな(笑)

 

 

スポンサードリンク スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました