日馬富士はなぜ暴行したのか?

Spread the love

大相撲のモンゴル出身の横綱日馬富士関(33)が後輩力士の貴ノ岩関に暴行を加えて、けがをさせていたことが14日、明らかになった。が!なんで今頃こんな話が出てくるんだろうか?

 

 

筆者はこういうニュースが出るたび、本当はもっと重大な事件なり案件県があって、それを隠したいために流してるのかな?なんて勘ぐってしまう。今トランプ大統領はアジア歴訪を終えてアメリカへ帰国した。何かあったのか?

 

ざっくり言うと先月10月26日。鳥取県に巡業中のお酒の宴で起こった。本当に言ったかどうかは定かではないが、貴の岩関が日馬富士関に向かい「もう、あなたたちの時代じゃない」と言った事がきっかけだとか。その後も話の最中にスマホをいじくる貴ノ岩関にキレてしまったのだろう。

 

角界の上下関係の厳しい事でも有名だが、もしこれが本当なら殴られても仕方ないんじゃないか?と筆者は思う。そして不可解なのは、師匠の貴乃花親方がそれからしばらくたった29日に鳥取県警に被害届を提出したことだ。普通こういう暴行事件はすぐに被害届を出したり病院に行くものだが、なぜか貴ノ岩関は次の日も普通に巡業している。

 

しかもこの事を日本相撲協会に報告することはなかった。公にしたくなかったのか?だったら被害届を出すのは明らかに矛盾している。協会は県警から連絡を受けて、初めてこのトラブルを知ったという。

 

そこで鏡山危機管理部長(元関脇多賀竜)が3日に日馬富士関の師匠。伊勢ヶ浜親方と貴乃花親方に電話で話を聞いたところ、いずれも「分からない」というナイスな返答が返ってきたという。貴乃花親方!被害届出したんだろ?なんかおかしいぞ!?

 

さて!日馬富士関と言えば、相撲だけではなく自国モンゴルでは弁護士の資格も持っており、日本でも大学院で勉強したりとインテリでも有名。これは相撲引退後の人生を見据えてちゃんと準備しているという事だろう。スポーツ選手はよく引退後、悲惨な人生になることが多いからね。

 

そんな頭がキレて鋭い先見性も持つ日馬富士関が、いくら酒癖が悪いとは言え、なぜこんなこんな暴行事件を起こしてしまったのか?もしそういう傾向があるなら、今までだって何か事件をおこしていただろう。まさかモンゴル勢を潰すためか?筆者は今回の事件は、貴乃花親方の行動も合わせて不思議でならない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です