サンモニ!どうせ反対するならとことんやれ!

マスコミ
Spread the love
スポンサードリンク

日曜日の朝のお楽しみと言えばやっぱり「サンデーモーニング」ですね!見ましたか?ちょっと遅れましたが、今週の目玉は、トランプ大統領が日本に防衛装備品の大量購入を迫り、安倍総理もそれに応えるという事でけしからん!と盛り上がっていたところでしょう。

 

 

サンデーモーニングの肩を持つわけではないが、筆者もアメリカからの防衛装備品の大量購入は反対です!でも司会の関口宏氏や他のコメンテーターとは違った意味での反対です。

 

日本は北朝鮮の核ミサイルの脅威だけではなく、中国も日本の主要都市に向けて核ミサイルの標準を合わせています。さらに有事になれば韓国だって理不尽に日本を攻めてくる可能性のある国だという事を忘れてはなりません。

 

日本と言うのは世界でも珍しく稀にみる、自国を目の敵にするような国に囲まれてる、そんな国です。だからこそ哀しいかな、自国を守るための武装は欠かせないのが現状です。永世中立国のスイスを見習えというが、スイスは戦争を避けるために強い武力があるからね。

スポンサードリンク

 

さて、その武装をするにしても、アメリカから買うそういった防衛装備品は実は一言で言えばポンコツ。在庫処理のために買わされるのが現状です。

 

例えば沖縄でも問題になってるオスプレイ。これもアメリカではもっと性能の良いのを使ってますが、日本で買わされるのは旧式のオスプレイで、実はアメリカと仲の良いイスラエルでさえ「こんな旧式いらねーよ!」と突っぱねられるシロモノです。でも日本はハイハイ!買わせていただきますね!と言って買うんです。

 

日米同盟とか言って日本とアメリカは仲が良い。トランプ大統領と安倍総理は良い関係!なんてイメージされてますが、これが果たして良い関係でしょうか?

 

筆者の目にはどうしても、いじめっ子といじめられっ子の関係にしか見えません。有事になったらアメリカが日本ために助けてくれるのか疑問です。

 

このように周囲を反日国に囲まれ、同盟国のアメリカにも媚びへつらわなければならない日本。陰謀論の中にはアメリカと北朝鮮は繋がっていて、日本に危機感を持たせて防衛装備品をたくさん買わせるためにミサイルを放っているなんて話もあります。

 

それもあるかも知れませんが、そうであるにしろ無いにしろ、日本にはやっぱり危機が迫ってるなと感じざるを得ません。

 

サンデーモーニングよ!どうせ反対するなら、安倍政権が嫌い!とかじゃなくて、ここまで踏み込んで反対してみよ!

 

スポンサードリンク スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました