昭恵夫人、何で韓国の話ばっかりするの?

Spread the love
スポンサードリンク

安倍首相夫人の安倍昭恵さんが、5~7日に来日したトラン大統領夫人のメラニアさんに「何で韓国の話ばっかりするの?」と一蹴されたそうです。あは、そりゃそうだ。

 

 

ある政治記者はこう話している

 

「昭恵さんはメラニア夫人を前に、自分の好きなK-POPアーティストのことを“カッコイイ”と饒舌に話したんだそうです。すると、メラニア夫人は、“あなたは日本人なのになぜ韓国の話ばかりするんですか?”と返したそうです。それには昭恵さんも苦笑いするしかなかったようです。」

 

なるほど、昭恵夫人の韓国好きには困ったものだが、それはファーストレディー同士の会話ではないと思う。これは何かと文句をつけてくる韓国に対しての「私たちは敵じゃありませんよ!」というパフォーマンスなのかな?でもそんな事くらいであの国がおとなしく仲良くなってくれたら苦労はない。

スポンサードリンク

 

昭恵夫人は、自らを家庭内野党を自称し、夫に意見し色々な活動をするのが好きなようだ。僕も実際あるイベントで会っている。でもあまりにも脇が甘く、ちょろちょろし過ぎなので時に「森友学園」の騒動を招いて国会を止めてしまった

 

これを見ると昭恵夫人って中国や韓国の工作員じゃないか?なんて思えてくる。いや実は真の保守派にとって安倍総理は保守ではない事は分かっていること。「統一教会」とはおじいちゃんの岸信介の頃から仲良しだし、連立与党の公明党は「創価学会」である。その辺の事も「真!保守派宣言!」としてはまた追求していきたいと思う。

 

それはさておき!野党が「アベ政治を許さない!」と騒ぎ立てるのは、もっと違った理由だろうが、だったら「ダレ政治」ならいいのか?それをはっきりさせて欲しいと思う。

 

ちょろちょろし過ぎな昭恵夫人に対して、メラニア夫人は政治的な活動とは無縁で、専業主婦として今は別々に住んでいるという。夫の足を引っ張りたくないのだろう。

 

このような対照的な二人のファーストレディ。メラニア夫人はそんな「K-POPがスバラシイ!」なんて話じゃなく、もっと親交が深められる話がしたかったんじゃないのか?

 

 

スポンサードリンク スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です