電波オークションに賛成!

マスコミ
Spread the love
スポンサードリンク

知っての通り、日本のマスコミ。とくにTVは偏向報道ばっかりしていて、それでいて巨万の利益を生み出しています。そこにはもちろん利権が渦巻きますが、ついにそれにメスが入るかもしれません!それが電波オークション!

 

 

電波オークションとは何ぞや?ざっくり簡単に言うと、今民法のTV局。NHK、TBS、フジなどの公共電波に入札形式で新規参入できる精度です。でも実はこれを各TV局は恐れてるんです!自分たちの利益が減ってしまうから!

 

でもいよいよ自民党も重い腰を上げ、本格的な議論に入るようです。ただやはり利権集団は黙ってないようで一筋縄ではいかないようです。電波会のボス。民放連会長の井上弘氏は17日の会見でこんなことを言い出しました。

 

「電波オークションについて、我々は多かれ少なかれ公共性を担っており、金額で決まる制度には反対する!」「我々への批判はあると思うが、公平性を保ち、ライフラインとしてやってきた自負がある

 

だ、そうです。「公平性を保ち、ライフラインとしてやってきた自負がある」どこがだ!嘘つきまくりじゃないか!しかもこの井上会長。笑えることになんとあのTBSの名誉会長でもる。TBSといえば「サンデーモーニング」や「NEWS23」でおなじみの公共性のかけらもない番組を作ることで有名です。

スポンサードリンク

 

反対したい氣持ちはわかる。なにしろ今の今まで巨大な利権だったから。なぜなら電波の使用量は年間一番高いNHKで21億円ほどで、あとのTBS、日テレ、朝日、フジ、テレ東は4~5億(2015年調)これが安いか高いで言うと圧倒的に安い。

 

それは携帯電話各社の電波料を見れば一目瞭然だ!見てみようか?KDDI131億円、ソフトバンク165億円、DOKOMO201億円(2015年調)どう?圧倒的に安いだろ!どれだけ甘い汁を吸ってきたか分かると言うもの。

 

筆者はもちろん、この電波オークション大賛成です!元々電波ってのは一部の人達の物ではなく、国民全員のものですし、日本以外の先進国(OECD加盟国)ではもれなく実施されていて、なぜか日本だけしてないんですよね。おかしいですよね?だから今回は是非実施されてほしい。

 

ただ心配なこともあります。実はこの電波オークション。民主党政権のころに一度法案が出されてるんですが却下されました。なぜでしょう?自民党が猛反対したからです。しかしTV各局は自分たちに都合悪いんでニュースなんで流さず、もちろん国民には知らされてません。民主党もたまにはいいことするな!自民党の中にも利権組がたくさんいると思われるので今回も揉めそうですね。

 

あと、自由競争になれば外資産業も参入してきて国内の需要も危ない!と、そこも指摘されてますが、今まで自分たちの利益のために、色んな事を自由化してきて倒産やリストラを促進して日本経済を陥れたくせに今さら何をいうか?

 

と私は言いたい!

スポンサードリンク スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました