中国の脅威、洗国

Spread the love
スポンサードリンク

中国の脅威。もちろん前回の北海道、尖閣諸島だけではありません。他にも深刻な問題はあり、今回も紹介していきますが、なぜ日本政府が何の対策もとらないどころか、逆に後押ししてるのが不思議であり、納得いかん。本当に自治区にしたいのか?

 

 

「民族浄化」という言葉を聞いたことあるでしょうか?そう、中国がチベットやウイグルにしてる弾圧のことです。中国では「洗国」ともいい、人々が平和に暮らしてる所に、ドンドン人を送り込み結婚させたりして段々中国化していくことです。でもこれは建前で本当は虐殺や女性への暴行が多く行われているのが現状です。これに関しては多くの人が知るようになりましたね。しかしこれが洗国。国を洗うと書いて洗国。どこがだ!

 

これを対岸の火事と思ってませんか?実は今日本でも、同じことが起こっています。起こりつつあるではなく、起こってます!例えば民主党政権の時代に、これまで所得の高い人にしかビザを発行してこなったのですが、中国大好きな民主党はこれを大幅に緩和。結果多くの中国人が入国可能になりました。それまで密入国。偽装結婚をしてた連中が、堂々と入って来れるようになったのですね。しかもがっちり反日教育受けた人たちがですよ?怖くないですか?

スポンサードリンク

 

また、毎年多くの留学生が中国からやってきてますが、なんと毎年5000人ほどが行方不明になっています。日本に飽きたから帰った?そんなわけないじゃないですか!おそらく潜伏してると考えられますが、どこで何をしてるんでしょうね?でもこんなことが毎年続いてるんで、日本のあちこちにチャイナタウンらしき場所ができてるんでしょうね!こわッ。

 

しかも彼らの一部は日本の奨学金を使って来ていて、しかも返済義務はないそうです。日本では経済的な理由で大学に行けない人が増えてて、たとえ奨学金使って行けたとしても、その後の返済で苦しみ、結婚もできないどころか自殺にまで追い込まれる人もいます。取り立てはサラ金よりキツイらしいですよ。一体これは何なんだろう?

 

またもっと怖いのは「背乗り」(せのり)です。これは日本人の戸籍を乗っ取り、その本人になりすますという行為で、ニュースではやらないですが実際多く起こっていると予想されます。行方不明になってる中国人がそれにからんでる可能性は高いし、実際そういった事件も起こっていて、確実に洗国、民族浄化は進んでいると言っていいでしょう。

 

尖閣諸島への不審漁船、北海道の水源地の危機、中国人への奨学金、毎年出る多くの行方不明者・・・。こういった事は何一つ報道せず、やれパンダが生まれただのかわいいだの、中国LOVE誘導の報道をいつまで続けるつもりなのか?いつまで言いなりに、無防備でいるつもりなのか?いい加減にしてもらいたい。

 

いい加減にしろ!といえば、あまり知られていないが、実はパンダは中国の生き物ではない、元々はチベットの生き物である!それも盗むんじゃない!

 

 

スポンサードリンク スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です