なぜそんなに中国に優しいの?

Spread the love
スポンサードリンク

いまや日本には経済的理由で、優秀な成績があり、やる気もありながら大学進学をあきらめる家庭も多いです。そんな状況で文化省は外国人留学生受け入れにまた328億円の予算を組み込もうとしています!

 

何とも優しさとぬくもりに溢れた政策ではあるが、これは税金であるので出来ればその優しさは国民にバックしてほしいものだ。そして外国人留学生は中国人が圧倒的に多く、安定の民主党政権時に国籍法の改悪をしたため、彼ら彼女らは5年日本に滞在すれば簡単に日本国籍が取得できるのだ!

 

しかも毎年多くの数の留学生が行方不明になっていて、あちこちに不法滞在している。飽きたから、ホームシックになったから勝手に帰ったんじゃないぞ!

 

確実に日本のチャイナ化は進んでるんでいて、明らかに日本の危機なんですが、なぜ日本政府は何の対策もしないどころか、優しさとぬくもりに溢れた政策ばっかりするのでしょうか?ここまでくるともう、お人好しの域を超えてバカに近い・・・。

 

それは日本人にとっては、「そんなの映画やドラマの世界の話だよ~」と思われがちですがドッコイ!世界では外交を有利に進めるために常識として行われてる事。とくに中国や北朝鮮が得意としていること!

 

ハニートラップです!

 

スポンサードリンク

 

えー?本当?と思われるかもしれませんが、北朝鮮ではそれ専門の訓練も行われ、相手の好みのタイプまで調べ上げ(どうやって調べるんだろう?)そっと近づいてくるという。おそらく中国でもそういった訓練は行われるだろう。かなり狡猾かつ巧妙らしいので、本当に誘惑されるかどうか、筆者も一回引っ掛かってみたいものだ(きゃー!)。

 

さてハニートラップにかかった有名どころで言えば、やはり橋本龍太郎元首相だろう。彼は中国に26億円の返済しなくてもいい無償ODAを決めたが、その裏で中国人スパイと付き合っていた事が発覚!きっと彼女にそそのかされやがったな!ODAやるなら私財を投げうって勝手にやったらよろしい。国民の血税を使い不倫する男がこの国の首相をやってしまったのである。

 

ちなみに橋本氏は、首相として11年ぶりに靖国神社に参拝しているし、戦没者遺族の団体「日本遺族会」の会長も務めていたどっちかと言うと「保守派」です。だからこそ中国としてはどうしても潰しておきたかったんだろう。

 

事実今でも、そのハニートラップにかかり、中国や北朝鮮の言う事を聞かざるを得ない政治家や官僚は数多くいると思っていい!あの国会の体たらくを見ていると、いない!という事は絶対ない!そう考えると、こういった留学生への大判振る舞いや、尖閣諸島に対して何の対策もとらないのも納得がいきますね。

 

 

こんなんで、日本は真の独立国家となる日が来るのだろうか?いや、来る!

スポンサードリンク スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です